日本ライティングBlog

  • TOP
  • コーティング
  • コーティング車にも洗車は必要?洗車のタイミング・洗車方法を解説

コーティング車にも洗車は必要?洗車のタイミング・洗車方法を解説


車の外観を美しい状態に保つために、コーティングを行う方がいます。コーティングを行った場合、その車には洗車は必要なのでしょうか。実は、コーティングをした車をきれいな状態で長く保つためには、定期的な洗車が欠かせません。

この記事では、コーティング車の洗車方法や洗車のタイミングについて詳しく解説します。また、コーティング車を洗車する場合の注意点についても取り上げるので、ぜひ参考にしてください。

コーティング車にも洗車は必要?


コーティング車は、コーティングによる被膜で汚れが付きにくいという効果を得られます。しかし、ホコリや泥のほか鳥の糞など、どうしても付着する汚れがあるため、見た目の美しさを保つにはコーティング車であっても定期的な洗車が必要です。

汚れを放置し長期間にわたって蓄積させると、コーティングの被膜がダメージを受けてしまいます。劣化を招き、艶出しの効果や汚れを付きにくくする効果の持続期間を短くする原因になるので注意しましょう。

放置した汚れは車に染みつき、専用のクリーナーなどが必要になる可能性も考えられます。定期的な洗車で汚れを落とし、コーティングの効果が長持ちするよう心がけてください。

ガラスコーティングが洗車で落ちない理由

かつて、車のコーティングと言えばワックスが主流でした。しかし、ワックスは塗装表面に乗っているだけなので、雨が降ると流れ出し、洗車方法によっては1回で落ちてしまうこともあります。

そこで考え出されたのが、ポリマーコーティングと呼ばれるワックスより長持ちするコーティングです。

このポリマーコーティングから科学の力を使った密着が行われています。主に密着させる方法は、塗膜にある微細な凸凹にアンカーを打ち込むようにして固定しています。これが多くのポリマーコーティングや簡易コーティングの密着方法です。

そして、さらに密着度を上げたのが現在主流となっているガラスコーティングです。こちらは、施工後完全硬化すると、塗膜と化学結合して強固に結びつき、通常の洗車程度では簡単に剥がれることはありません。

しかし、ガラスコーティングは塗布してから完全硬化まで時間がかかります。その間は塗膜に完全に密着していないので、洗車時に強く擦るとキズが付いたり、剥がれるコーティング剤もあるので注意が必要でしょう。

コーティング車の洗車頻度・タイミング


車のカラーや日頃駐車している場所の違いによって、おすすめの洗車頻度は異なります。車をよりきれいに仕上げるには、洗車する時間帯などのタイミングも重要です。自分の車はどの程度の頻度で洗車するべきか把握し、適切なタイミングで手入れしましょう。

【洗車の頻度】車のカラー・駐車場所により週1回~月1回

車は、カラーが濃色であるほどボディに付いたホコリなどの汚れが目立ちます。くわえて、屋根がなく風雨にさらされるような駐車場所であるほど汚れが付着しやすいため、洗車頻度が多くなるのが特徴です。

カラーと駐車場所の違いにより異なる洗車頻度は、下記を参考にしてください。

屋外駐車 屋内駐車
濃色カラー 週1回 月2回
淡色カラー 月2回 月1回

黒や紺などの濃色カラーの車で屋外駐車している場合は、汚れが付着しやすく目立ちやすいため、週に1回の洗車が目安です。

淡色カラーの車は比較的汚れが目立ちにくく、濃色カラーに比べると洗車頻度の目安は少なくなります。

【洗車のタイミング】涼しい朝・夕方

洗車した際の水分は自然に乾ききる前に拭き上げるのが、きれいに仕上げるコツの1つです。水分が乾きやすい日差しが強い時間は避けて、涼しい朝や夕方などに洗車しましょう。

水分が自然に乾くと、キッチンや洗面所などの水回りでよく見る白い水垢が、ボディに残る可能性があります。せっかく洗車した車が、汚れが付着したままの印象になるため注意してください。乾く前に水分を拭き上げられるような日差しの弱い時間や気温、天候なども考慮して洗車するのがおすすめです。

コーティング車の洗車方法

誤った方法で洗車すると、コーティングの劣化を招いたり車自体を傷つけたりします。コーティング車を洗車する際は正しい方法を事前に把握し、手入れに取りかかりましょう。ここでは、コーティング車の洗車方法を4つの手順に分けて解説します。

タイヤ・ホイールを洗浄する

洗車する際は、汚れの付着が多いタイヤ・ホイールの洗浄から始めましょう。足回りをきれいにした後に、ボディの洗浄に進むのが基本です。

まずはボディ全体に水をかけず、タイヤ・ホイールだけ濡らしてください。洗車の前にボディに水分が付き乾いてしまうと、水垢やシミ汚れとして残る可能性があります。また、走行直後のタイヤ・ホイールは熱を帯びています。水分の乾きが早まるため、水で冷やしてから洗車に取りかかりましょう。

注意点として、アルミホイールや樹脂製ホイールキャップなど、素材によっては傷が付きやすいタイプがあることが挙げられます。専用の洗浄道具を使う、もしくはブラシの使用は避けてスポンジで洗うのがおすすめです。

ボディ全体を水で洗い流す

続いて、ボディ全体を水で洗い流し、ホコリや砂などの簡単な汚れを落としましょう。細かな汚れを付着させたまま洗車を続けると、スポンジでこすった際にボディに傷を付けてしまいます。コーティングの被膜の劣化を招く恐れもあるため注意が必要です。

水をかける際は、車の上部からかけるのもポイントです。ホースや高圧洗浄機を活用し、ルーフから窓ガラス、ドアへと続き、汚れが上から下に流れるよう意識してください。

しっかり泡立てて車を洗う

スポンジでこする際は、摩擦による傷の発生やコーティングの被膜の劣化につながらないよう、シャンプーをしっかり泡立てるのがポイントです。シャンプーは車のボディやスポンジに直接付けず、水と一緒にバケツに入れて泡立ててください。

十分に泡立ったらスポンジですくい、泡をクッションにしながら優しく洗います。下からきれいにすると上から泡が流れて再度汚れるため、車の上部から段々と下に向かって洗いましょう。洗い終えた後は泡が残らないように、隅々まで水で流します。

洗車後は素早く水分を拭き取る

シャンプーを洗い流した後、拭き終えるまでに時間をかけると、水分が自然に乾いてしまいます。水垢やシミとして残る可能性があるので、素早くボディ全体の水分を拭き取ってください。マイクロファイバークロスなどの吸水性が高いタオルを使うのがおすすめです。素早く水分を拭き取れるほか、何度も同じ場所を拭かずに済むため、拭き傷が付くのを防げます。

ドアやトランクの内側、ミラーは拭き忘れが多い部分です。スピーディな拭き上げが求められますが、拭き残しがないように丁寧に仕上げましょう。

コーティング車を洗車する場合の注意点

コーティング車を洗車する際は、コーティングにダメージを与えないように注意が必要です。洗車方法にくわえて注意点も把握し、コーティングの効果をなるべく保たせるようにしましょう。コーティング車の洗車は、以下で解説する4つのポイントに注意してください。

炎天下では洗車しない

炎天下での洗車は、ボディに付いた水分やシャンプーの泡の乾きが早くなるため避けましょう。拭き取る前に水分が乾くと、水垢が残るほかイオンデポジットと呼ばれるシミの発生原因になります。万が一、長期間にわたってシミが蓄積すると塗装面まで侵食し、通常の洗車だけでは落とせなくなるケースもあるので注意が必要です。

気温が高くなる日中は避けて、朝や夕方に洗車するのをおすすめします。また、晴れた日ではなく曇りの日にするなど、水分やシャンプーが乾きにくい洗車タイミングを選んでください。

車をゴシゴシと洗わない

ゴシゴシと力を入れて洗車すると、摩擦によってボディを傷つけてしまいコーティングの劣化も招きます。スポンジで洗う際や水分を拭き上げる際は、力が入りすぎないように優しく洗車するのを心がけましょう。

また、コーティング車は洗車機で洗うことも避けてください。洗車機を利用すると、ブラシやスポンジによる強い摩擦がくわわり、コーティングの被膜がダメージを受けます。撥水性やコーティングそのものの持続性の低下を招き、スクラッチ傷と呼ばれる細かな傷が付く原因にもなるため、洗車機の利用は避けるのがおすすめです。

水分が付いた状態で放置しない

水道水にはカルキなどの成分が含まれており、蒸発すると残留物がシミとなって残ります。洗車時も例外ではなく、ボディの水分を拭き取らずに放置すると、シミの原因になるため注意しましょう。

コーティング車は、コーティングしていない車に比べると撥水性が高い特徴があります。水をはじく効果はありますが、流れ落ちずにボディに残った水分が蒸発によってシミになるのは防げません。洗車後は水分が付いた状態で放置せずに、マイクロファイバークロスなどを活用して、しっかりと拭き上げてください。

洗車後にワックスをかけない

コーティング本来の効果が得られなくなる可能性があるため、洗車後にワックスはかけないでください。ワックスの主成分である植物由来の蝋は、熱や紫外線によって劣化すると、コーティングの被膜にダメージを与えます。被膜がダメージを受けると、艶に悪影響が及んだり汚れが付きやすくなったりするので注意が必要です。

そもそもコーティング車はコーティングによって、ワックスと同じ撥水性と車の艶出し効果を得ています。そのため、ワックスがけは不要と覚えましょう。

まとめ

コーティングをした車の外観を美しく保つためには、定期的な洗車が欠かせません。車のカラーや駐車場所によって異なりますが、週1回〜月1回の頻度でコーティングをすることが一般的です。

コーティング車を洗車する場合には、タイヤ・ホイールを洗ってから、ボディ全体を水で洗い流します。その上で、しっかりと泡立てて車を洗ってください。洗車後は素早く水分を拭き取り、水滴跡が残らないようにしましょう。

この記事で紹介した洗車方法や洗車時のポイントを参考に、コーティング車を洗車してください。

   
TOP